Google OAuth認証設定

メールディーラーでGoogleのOAuth認証を利用するための設定を行います。

Google クライアントIDの取得

プロジェクトを作成する

1. Google APIコンソールにアクセスし、メールディーラーで使用するメールアドレスの
  アカウントを選択する。

2. 「プロジェクトを作成」をクリックする。

3. プロジェクト名(任意)を入力し、「作成」をクリックする。
  ※「MailDealer」は使用せず、MailDealer{組織名}{任意の文字列}のような形式で
    登録してください。
  ※プロジェクト名以外の項目はデフォルトのままで構いません。

【注意】
●プロジェクトの追加ができない場合は、Google Cloud Platform(以下 GCP) が
 利用できない設定になっている可能性があります。
 システム管理者にて、該当アカウントのGCPを有効にしてください。

OAuth同意画面を作成する

1. 「OAuth同意画面」をクリックする。

2. 「内部」を選択して「作成」をクリックする。
 ※フリーの Gmail アカウントを使用している場合は「外部」を選択してください。

3. アプリケーション名を入力して、「保存」をクリックする。
  ※ MD{組織名}{任意の文字列}のような形式で登録してください。

4. 「スコープを追加または削除」をクリックし、「スコープの手動追加」欄に
  「https://mail.google.com」を入力の上、「テーブルに追加」をクリックする。

5. 「更新」をクリックする。

クライアントIDを取得する

1. 「認証情報」>「+認証情報を作成」>「OAuthクライアントID」をクリックする。

2. 「ウェブアプリケーション」を選択する。

3. OAuthクライアントの名前(任意)を設定し、「承認済みのリダイレクトURI」>
 「+URIを追加」をクリックする。

4. URI入力欄に、「https://oauth.maildealer.jp/recvOAuth」を入力し、
 「作成」をクリックする。

5. クライアントIDとクライアントシークレットが表示される。

クライアントIDとクライアントシークレットの確認方法

既に取得したクライアントIDとクライアントシークレットは、下記の方法で確認できます。

1. 一覧から作成したクライアントの「」アイコンをクリックする。

2. クライアントID・クライアントシークレットが表示される。

OAuth認証設定

1. メールディーラー画面右上の「管理設定」>「 管理設定 」 をクリックする。
2. 「環境設定」タブ >「OAuth認証設定」をクリックする。
3. 「Googleの認証を新規登録」をクリックする。
4. 取得したクライアントIDとクライアントシークレットを入力し、「認証開始」を
  クリックする。
5. Googleのログイン画面に遷移するので、ログインして「許可」をクリックする。

SMTPサーバの認証方式の変更

1. メールディーラー画面右上の「管理設定」>「 管理設定 」 をクリックする。
2. 「環境設定」タブ >「メール送信(SMTP)サーバの設定」をクリックする。
3. 「SMTPサーバの追加登録」をクリックする。
4. 該当のSMTPサーバ設定の「編集」をクリックする。
5. 「基本設定」内の「認証方式」を「OAuth認証」に設定する。
6. 使用するOAuth認証設定を選択し、「変更」をクリックする。

メルラボの最新情報をメールでお届けします。詳しくはこちら